朝、玄関を出た

身を引き締めるような空気は無くなり

好きではない春が来ていた。

 

これから少しの間

電車は混み合い、そして花粉が舞い

街を行き交う人々は浮き足立つ。

 

春に新しいものを身に付けるということは

この季節を乗り切る為なのかもしれない。

OLIVERPEOPLES THEROW O’MALLEY NYC

DSC_0395

 

コメントは受け付けていません。