伝手

数ヶ月間のリノベーション期間を要して先月末に新居に引越しをした。リノベーションをリードしていただいた設計事務所の方々が素晴らしく、引っ越して10日経ってもなお、毎朝コーヒーを飲みながら「良い家だ」とつぶやいている(カーテンもなければ引越し用のダンボールも散乱しているけれど)。

今度の家は都内へのアクセスが若干良くなることもあって、健康を鑑みて自転車を買うことにした。近所に「TOKYO BIKE」を扱う自転車屋(雑貨屋とも言える)さんを見つけたのでそこで購入した。

引っ越して数日後の週末に自転車を引き取りに行った。店主もTOKYO BIKEを乗っていることもあり、丁寧に自転車のメンテナンス方法についても指南してくれた。

「できることなら、2週間に1回はタイヤの空気を入れてください」

「え。そんなに?」僕は少したじろぐ。そもそも2週間に1回くらいしかこの自転車に乗らないかもしれないとは口に出せずに「はぁ」とだけ答える。

そんな僕の心内を察したのか「近所ですし。フラッと遊びに来てくれればタイヤの空気は入れますよ」と店主は言った。そして僕が手にしていたコーヒーカップを指差して「コーヒー飲みついでにでも来てください」と笑った。近くのコーヒースタンドに立ち寄ってコーヒーを買って飲みながらこのお店まで歩いてきたのだ。

聞けば、そのコーヒースタンドの店員さんもここで自転車を購入しているらしく、とても仲が良いのだとか。お店同士の付き合い中に誘ってくれたような気分で心地いい。近所に伝手ができた気分だ。

とりあえず、これで新居におけるコーヒーと自転車について憂いはなくなった。幸先がいい。「身長に合わせました」と設定されたサドルは思ったよりも高くて勢いよく乗った直後に少しふらついたけれど。

年末だ。例年通り今年も職場では、慌てるように今年を省みては、振り返りもままならぬまま来年の計画を立てることを始めている。それはそれで楽しい作業なのだけど、来年1年間の行方をうらなうものでもあるから、楽しみながらもどこか気が張り詰めている時期でもある。

先日そんな「種まき」のための打ち合わせでのこと。今年手掛けたことを振り返りつつ来年のあるべき方向性を僕から提案する会だった。

ひとしきりプレゼンテーションが終わると、会場は概ね賛同の空気になり、「それではその方向で来年もよろしく」と会を収めることになった。

ほっと一息入れてパソコンを閉じかけた時に、参加者のひとりが「あっ」と声をあげた。

「あのさ。今の話を聞いて別件を思い出してしまったのだけど、そっちも相談していいかな」と申し訳なさそうに手を合わせてきた。どうやらなかなかに重たい問題を抱えた案件のようだ。

その雰囲気がおかしくてフッと場が和む。僕としては頼りにしてもらうのはありがたいことだから、「ぜひ。来週にでも打ち合わせしましょう」と返してようやく会議はお開きになった。

会議室を後にして自席に戻った後、ふと力が抜けて思わず大きく息を吐いていた。それは安堵の息だった。大袈裟だけど、この職場でやってきたことが報われたような充足感すらあった。

仕事におけるひとつの(大きな)やりがいは「誰かの伝手になること」なのかもしれない。そんなことに長年社会に身を置きながらようやくわかったような気がした。

来年も誰かの伝手になれるだろうか。デスクで考えてみたらいくつかの顔が浮かんだ。「悪くない」そう思った。これから仕事で思い悩んだ時には「伝手にしてくれている」誰かの顔を思い出すことにしようと静かに決めた。

新居の近くには昔ながらの商店街もあって、その通りを歩くのが日課のようになりつつある。先日はお昼ご飯を食べに古い中華屋さんに足を運んだ。おじいちゃんがひとりで厨房を回しているその小さなその中華屋さんは、こんなご時世だというのに満席で、いかに地元に愛されているかがわかる。

テーブルが4席とカウンターが5席程度の小さな店内を見渡せば、サラリーマンや工事現場の人、学生さんや若いカップルとお客さんに統一感はなく、さながら町の縮図を見ているようだった。その中に混ざってテーブルに座ると、少しずつ心拍が落ち着いていくのがわかった。この「町中華」の安心感はなんなんだろう?と賑やかな会話を片耳で聞きながら思う。

思い始めた矢先に常連らしいひとりの青年がお店に入る。迷わずに近くのカウンターに腰掛けるとメニューも開かずに慣れた口調で厨房に向けて注文する。「はいよ」と厨房からはそっけない返事が返ってくる。

その受け答えを見て「ここにも伝手はあるんだな」と思った。そんな伝手でつながれた常連客の賑やかさが僕の感じた安心感なんだとわかった。

今年は新しい脅威との闘いの1年だったように思う。その脅威は、人とのつながりを現実的にも精神的にも薄めては、身体の中にある「人のエネルギー」のようなものを今もなお、削ぎ続けている。

それでも、いや、だからこそ、僕らが生きていくには「伝手」が必要だということに、意識的にも無意識的にも気付けた1年であった気もするのだ。それはふだんの暮らしの中にいくつも息づきながらあたたかい毛布のように心地よく自身を包んでいてくれることを教えてくれている。

「居心地が良い」というのはもしかしたら、大きな伝手や小さな伝手、さまざまな伝手の上で安心して寝転がって過ごすような時間のことなのかもしれない。

このコラムは居心地のいい新居のワークスペースで書いている。そして新居を設計してくれたのは、他ならぬ眼鏡屋さんの伝手でお願いした方だ。

来年も伝手のありがたみを感じながら過ごしていきたい。

それではみなさん、良いお年を。

文・写真:Takapi

10 eyevan & EYEVAN 7285 WEEKEND SHOP

今回は、たまプラーザを出て都内で初めてのフェアです

場所は知人でお客さんでもある松嶋君のお店

代々木上原にあるとても素敵な珈琲屋さんPADDLERS COFFEE。

「以前購入したメタルのLINDBERGと違う 気になるセルフレームがあって、それはあるんですか?」

たまたま、松嶋君が探していた10 eyevanのセルロイドの眼鏡が

今回のフェアを繋いでくれました。

今、自分の考える最高の眼鏡を見つけたな

そう思って

今秋から取り扱いを始めたばかりでした。

EYEVANは「着る眼鏡」をコンセプトとして、1972年にスタートし、1985年に世界進出を果たしたEYEVAN、近年はファッション業界をはじめ注目され様々なメディアにも取り上げられています。

今回はハイエンドラインの10 eyevan、EYEVAN 7285のより厳選したものを集め、PADDLERSCOFFEEにてWEEKEND SHOPを開催します。

EYEVAN 7285

1972年スタートし約40年の時を経た2013年、新たなデザインチームがそのEYEVANのクラフトマンシップを引き継ぎ、自分たちが今、本当に美しいと思える物をかたちにしたコレクションとなっています。

10 eyevan

EYEVANデザインチーム中川浩孝氏が美しい道具をコンセプトとし、純粋に美しいと思えるデザインと機能性 美しい道具は美しいパーツの集合体であると考え、特別な10種のパーツで構成された眼鏡です。

尚、12日にはデザイナー中川浩孝氏も在廊予定

混雑を避けるため、予約優先、2〜3組様毎のご案内とさせて頂きます。

PADDLERS COFFEEでのコーヒーを楽しみながら

素敵な時間も空間も一緒に楽しんで頂けると思います。

是非、お越し下さい、お待ちしております。

『 10 eyevan & EYEVAN 7285  WEEKENDSHOP  』

12/11(金),12(土),13(日) 9:00~17:00

12日(土) 12:00~16:00 EYEVAN デザインチーム中川浩孝氏 在廊予定

PADDLERS COFFEE

〒151-0066 東京都渋谷区西原2丁目26−5
営業時間/午前7時30分〜午後5時 定休日/毎週月曜日


【アポイントメント優先】
本イベントはご予約なしでもご覧いただけますが、店内混雑を避ける為にご予約頂いた方を優先にご案内いたします。

お名前、ご連絡先、ご来店希望日時(1時間毎)を『第1希望、第2希望』、人数(4名様まで)までを必ず明記の上、メールにてご連絡ください。その後、返信をもってご予約完了となります。

※ご予約は必ず下記アドレス宛に直接お送りください。

予約アドレス: mail@local-optical.com

お急ぎの場合: 045-507-7095 (ローカルオプティカル)

【イベント開催に際して】

※新型コロナウイルス感染症による状況を踏まえ、基本的に会場へのご入場は2~3組(6名様まで)様までとしまして、混雑した際は、1時間毎の入れ替え制とさせて頂きます。

※ご来店の際は必ずマスクの着用と、入口に設置したアルコール消毒液で手指の消毒をお願いしております。
※数に限りが御座いますので売り切れの場合はご了承ください。

※状況によりお待ちいただく場合がございます。



 

カテゴリー: news

プレゼント

日が暮れ始める約束の時間の10分前、指定されたお店に入ればその方は既に奥のテーブル席でひとりビールを楽しんでいた。まさか先にいらっしゃると思っておらず、少し慌てる。

この日は僕が所属している会社の大ベテランの方との食事会だった。
「お待たせしてすみません」
「いえいえ。先に楽しんでます」
彼はベリーテイストのクラフトビールのグラスを掲げる。

その方と知り合ったのは1年前位になるだろうか。とある企画でご一緒した際に少しお話しした程度だった。なぜかそれ以降僕がやっていることをいつも目にかけてくれていて、新しい企画を世に出せば「いい企画です。これからも期待しています」とだけメールをくれたり、オフィスで僕を見つけるとわざわざ僕の席まで声をかけにきてくれては、しばし立ち話をしながらいろんなお話を聞かせてくれる。

多くの仕事がそうなのだと思うけれど、前例がないことに挑戦することは心許なくなるし胃も痛くなる。けれどこうして声をかけてもらうことで「もう少し頑張ってみよう」と日々踏ん張ることができている。まさに拠り所だ。

この日の食事会は、何度目かの立ち話の際に「今度はぜひビールを飲みながらでも」と思い切って声をかけたら「いいですね、ぜひ」となり実現した。

はじめは緊張したものの、美味しいクラフトビールのおかげもあって朗らかな時間を過ごすことができた。気づけばあっという間に陽はとっぷりと落ち、ディナーを楽しむお客さんで周りの席は賑わっていた。

「そろそろ」と腰を上げようとした時「そうそう。これを」と彼が筒状の箱を差し出してきた。箱を開ければグラウラー(ビールを持ち運べる水筒)が入っている。手にすると水筒にしては重い。首を傾げていると、このお店のビールが入っていると悪戯っぽい笑みを浮かべて教えてくれた。

こんな風にプレゼントをもらうとは予想だにしていなかったから、すぐに言葉が出てこなかった。そんな僕を尻目に「明日までは炭酸ももつだろうから、明日また楽しんでください」と彼は笑った。

「いや…なんかすみません」
やっとでてきた僕の言葉を受け、ゆっくりとした口調で
「これからも期待しています」
と彼は頭を下げ、スッと席を立った。

水筒を抱き抱えるようにして、ほろ酔いの頭で電車に揺られていた時にようやく気が付いた。

彼が先にお店に入っていたのは、僕に渡すプレゼントの水筒にビールを入れてもらうためだったのだと。そんなかわいらしいサプライズを、あれだけの地位の方が僕のためにやってくれたのだと思うと、思わずこみ上げるものがあって車窓が少し滲んだ。

小学校2年生になる甥っ子の誕生日が近くなったので、姉に甥っ子が今何を欲しがっているのかをLINEで聞く。ここ数年のほしいものリストはレゴシリーズだったから、今年も同じようなものだろうと思っていた。

1日経ち「『風の谷のナウシカ全巻セット』でよろしく」という返信を見た時には、思わず「え。ほんとに?」と声に出していた。

そしてすぐに先日の父親の墓参りの車中がフラッシュバックした。

その日の道中は義兄さんが運転するワゴン車の助手席に僕が座っていた。後部座席からはアニメの『風の谷のナウシカ』が流れているのがわかった。後部座席の甥っ子は映画のシーンを追いながら姉と賑やかに話し合っている。

僕は僕で、義兄さんと『風の谷のナウシカ』の原作(漫画)の話に華を咲かせていた。僕も義兄さんも原作がとても好きなのだ。

耳のいい子だ。おそらくその会話を聞いていたのだろう。

それで選んだのが漫画全巻だったのだ。

そのことに気付き、くすぐったいような、なんとも言えない高揚を感じた。

小学校2年生ではまだ難しいかもしれない。でもいつか、何年か先、この作品について話が盛り上がるかもしれない。そう思うととても嬉しくなって、姉にLINEの返信をする前にAmazonのページを開いていた。

不思議なものだ。これまで贈り続けたレゴたちは購入した直後から関心はなくなっていたのに(これまで贈ったレゴシリーズの名前をひとつも思い出せない)、プレゼントが『風の谷のナウシカ』となった途端、買って贈ることそのものが嬉しいと思っている。

次はどんな作品を欲しがるだろう。言われればなんだって贈ってあげたい。

僕は今月末に引越しを控えている。新しい住まいは新しい灯りで始めたいと思い立ち(単に今の家の照明に飽きただけだが)照明を探すことにした。

何軒かのインテリアショップに行ってもなかなか目当てのものが見つからない中、Instagramに流れてきた1軒の小さなお店が目に留まる。取り扱っているもの、写真の撮り方、店内の雰囲気が個人的に好みで、家からも近かったので行ってみることにした。

北欧ヴィンテージを中心に取り扱うそのお店は若い店主がひとりで切り盛りしていた。店内の商品は、どれもほどよく空間に「馴染んで」いるように見えた。だからか商品を見ていると、自分の次の家でどんな風に置かれるのかが想像ができた。

聞けば、店主は元々大手の家具屋さんで働いていたのだが、5年前に1人で店を構えることにしたとのこと。

「大規模な家具屋さんだと、どうしてもお客さんとのやりとりが少なくなってしまうんですよね。でもやはり大きな買い物ですから、売る側としても満足して買ってくれたという手応えがほしいと思って。だからひとりで小さく始めることにしました」

その話を聞いて、なぜこの店の商品がこれだけ「馴染んで」いるのかが納得できた。その後1時間近く店主と話し込み、結果としてダイニングとリビングの照明を買うことができた。

店主と話す中で、僕が今気になっている有名なデザイナーのヴィンテージのソファの話になった。僕がその商品を置く予定はあるのかと聞くと彼は少し申し訳なさそうに「しばらくはなさそうです」と答えた。

「個人的な感覚ですが、そのソファは必要以上に高い値がついてしまっている気がするんです。人気商品ですから、もちろん出せば売れます。以前数点並べた時は途端に買い占められました。僕としては、そういう買われ方よりも、あまり認知度のないデザイナーさんであっても僕が良いと思ったものを並べて、こうして話した上で気に入って買ってくれた方が嬉しいんです」

まるで彼の商売そのものがプレゼントみたいだと思った。さらにはそのプレゼントを受け取った買い手はとても幸せだな、とも思った。その商品に宿った愛着はきっと買い手にも伝わっているだろうから。

僕の次の家も愛着のある場所になりそうだ。

ひょっとしたら、プレゼントとは相手の未来を祈ることなのかもしれない。

僕らは誰かにプレゼントをすることで、相手の未来がちょっとでも良い方に向かってほしいと祈っているのではないだろうか。直接言葉にできない(もしかしたら潜在的に思っているだけかもしれない)ものだから、愛着のおけるモノに託すことで祈りの代替をしているのではないか。

大袈裟な話だ。でもその小さな祈りをプレゼントに託すというのはなんとも健気で美しい所作のようにも思える。

と、ここまで書いて気がついた。来週は妻の誕生日だった。

今回のコラムはここで切り上げ、日々の感謝の気持ちを込めて、引越し先の暮らしを祈るべくプレゼントを探すことにしよう。

文・写真:Takapi

臨時休業のお知らせ

いつもご利用頂きましてありがとうございます。

11月14日(土)は都合により臨時休業致します。

尚、第二週につきまして、11月12日(木)13(金)と定休日となりますので

合わせまして、三連休となります。

ご迷惑おかけ致しますがよろしくお願い致します。

カテゴリー: news

EYEVAN WEEKEND SHOP

LOCALが初めて取り扱う日本のブランドEYEVAN。

瞬く間に世界で認められたデザイン、構造、品質、纏う雰囲気は、まさに伝統工芸品のようです。

近年ファッション業界でも注目され様々なメディアにも登場しています。

定番モデルからサングラスまで多数取り揃える初めての機会となっております。

御来店を心よりお待ちしております。

「 EYEVAN WEEKENDSHOP 」

10/23(金),24(土),25(日)

EYEVAN HP : https://eyevaneyewear.com

【イベント開催に際して】
*新型コロナウイルス感染症による状況を踏まえ、入場を制限させていただく場合がございます。
*基本的に店内へのご入店は2~3組様限りとさせていただきます。予めご了承下さい。
*ご来店の際はマスクの着用と、入口に設置したアルコール消毒液で手指の消毒をお願いしております。

【アポイントメント優先】
本イベントはご予約なしでもご覧いただけますが、店内混雑を避ける為にご予約頂いた方を優先にご案内いたします。お名前、ご連絡先、ご来店希望日時を『第1希望、第2希望』まで必ず明記の上、メールにてご連絡ください。その後、返信をもってご予約完了となります。

※ご予約は必ず下記店舗アドレス宛に直接お送りください。
※数に限りが御座いますので売り切れの場合はご了承ください。

※状況によりお待ちいただく場合がございます。予めご了承ください。

【受付】

予約アドレス: mail@local-optical.com

お急ぎの場合:045-507-7095

カテゴリー: news