top_pic

2021/09/10

感動

いつものジムで軽く汗を流し、一息つこうとロビーで寛いでいたら、隣接しているスタジオから小気味いいビート音が流れ始めた。おそらくBTSだと思う(最近音楽に疎い)。その音楽に合わせて女性インストラクターの快活な声が響く。

「はい、◯◯のポーズ!」「腕を斜め上にー!」という声から察するにおそらくダンスレッスンだ。「なかなか合わないですねー」というインストラクターの言葉から、集団レッスンであることもわかる。「合わない」という割にその声から焦燥感のようなものは感じない。どことなく楽しそうですらある。きっと和気藹々とした初心者向けのレッスンなのだろう。

どんな人たちが受けているのだろうと少し興味が出て、帰り際チラッと覗いてみたら、少し禿げかかった白髪の初老のおじさんと目が合った。いや、正しくはレッスンスタジオに設置された鏡越しのおじさんと目が合った、ような気がしただけだった。彼はただ、鏡に映る自身の身体の動きを確認しながら一心不乱に手足を動かしていた。

まさか初老のおじさんがいると思わず、驚きとともにスタジオ全体に目を移せば、10名近い「おじさん」達が一所懸命に踊っていた。数秒程度の観察だが、彼らの表情はインスタラクターの醸す雰囲気とは裏腹に真剣そのものだった。

鬼気迫るようなおじさんの表情と、思うように動いていない(であろう)チグハグなダンスを見ていたら、なんとなく居心地が悪くなってしまって、足早にそこを後にした。

ジムを出て少し歩いていたらしてふいに込み上げるものがあった。急なことで一瞬たじろいだ。鼻の奥がツンとして少し目が潤みさえした。

なんだこれは?突発的な感情の波に溺れながらその出所を頭の中に求めた。でも探らずともほんとはわかっていた。

僕は感動したのだ。真剣な表情でチグハグなダンスしていたおじさん達に感動してしまったのだ。

その足で行きつけの洋食屋さんに入り、カウンターに座って、今しがた起きた感情について思いを巡らせてみた。

なぜ僕はあのおじさん達に感動したのか、いくら考えても理由がわからなかった。同情ではない、憐憫でもない、そういう類の感情ではないことはわかった。でもそれ以上いくら考えても理由が出てこなかった。

考えることを諦めて、ぼんやりとシェフの動きを目で追うことにした。この洋食屋のシェフの一片の無駄を許さない所作がとても好きなのだ。

このお店の名物はハンバーグ。半数以上の人がお昼時に注文をする。シェフは注文を受けると静かにフライパンに火を点し、バットから「タネ」を取り出すと、2度3度自身の両手でキャッチボールをしてそっとフライパンに載せる。載せたらその間にキッチンまわりやまな板を専用のふきんで拭く。一定の時間が立ったらフライパンに水を差し蓋をする。焼き上がる間にまたシンク周りをふきんで拭く。

そのひとつひとつの動作を見ていると、きっと数千回、ひょっと数万回と繰り返されてきた所作なんだろうということはわかる。それだけ一切無駄のない動きだ。一連の所作には厳格な雰囲気さえ漂う。なるほどシェフの持ち場は「聖域」と呼ばれる理由がわかる。シェフの面立ちにもそれは表れている。きれいな坊主頭に一筋の険しさが宿る表情はまるで修行僧だ。それでも料理ができあがればいつも慈愛に満ちた微笑みを浮かべて、太く穏やかな声で「お待たせしました」とカウンター越しに差し出してくれる。

言うまでもないが、ここで出されるハンバーグはとても美味い(前にも書いた気がする)。この日も夢中になって皿と向き合い、ものの数分で完食した。

水を一口飲み、ホッと一息入れてキッチンに目をやれば、数分前と寸分変わらない厳格な背中がフライパンと向き合っている。シンクやステンレスの壁は汚れひとつなく、それでいて新品とは違う使い古された親密な光を放っている。

「ごちそうさまです」大きな背中に頭を下げて席を立つ。勘定を済ませ店を出る時には「ありがとうございます」とシェフが背中に声をかけてくれる。

その声を背負ったまま店を後にした。みぞおちあたりが温かい。その温もりはきっと料理だけではないはずだ。

ここにもひとつの感動があった。

今年はこれまでになく感動を強要された夏だった。そして感動を疑った夏でもあった。

1年順延された祭典には、遅々として進まない感染症対策に対する市井の苛立ちを、「スポーツの感動」で覆い隠さんとするような狙いが見えてしまって、いざ祭典が始まっても、自身の感情に蓋をするように、画面越しのアスリートから目を逸らす日々が続いた。

そんなことだから、メダルをとった歓喜の声がテレビ越しやSNSのタイムラインに上がる度に、なんとも行き場のない感情とやり合う羽目にもなった。感動に尻込みする数週間だった。

本当ならもっと気安く感動したい。けれど「道具」にされた感動からは距離を置きたい。まわりの空気にも流されたくもない。なかなか難しい。考えすぎなのかもしれない。

翻って、先日のジムと洋食屋で感じた小さな感動は、湯船に浸かるような気分の良さがある。鼓舞するような強さはないけれど、ゆっくりと染み渡る滋養のような温かさがある。

感動なんて小さくたっていいし、誰に理解されなくてもいい。

身体の器官なのか、頼りない心なのかはわからないけれど、「自分自身の中を通った感動」だけは僕自身がしっかりと把握してあげたいし、できるだけ手放さずにいたい。

文・写真:Takapi

2021/08/10

固執

半年前くらいにInstagramをぼんやりと眺めていた時に再会してしまったのが事の始まりだった。今から25年前、中学生の頃、あまりにもプレミアムがつき過ぎて手の届かなかったエアマックス。そのエアマックスの中でも、散々リバイバルされ続けている「ドル箱」の95でも97でもなければ、その独特なデザインから賛否がわかれた96でもない。ほとんど注目もされずに歴史の彼方に追いやられてしまった「エアマックス96 Ⅱ」がスクリーンの中に突如として現れたのだ。

「胸をつかまれる」というのはああいうことを指すだろう。なぜかその姿が頭に居座ってしまい、その日以降毎日のようにgoogleで、NIKEの公式オンラインショップで、Instagramで「エアマックス96 Ⅱ」を探す日々が続いた。

中学生当時を振り返っても、その商品は仲間内では大した評価ではなかったと思う。おそらく誰も履いていなかったのではないだろうか。むしろ履いていたら「ダサい」と笑われるような代物だったかもしれない。

しかしながら25年ぶりに「エアマックス96 Ⅱ」に再会してからというもの、頭の中のほとんどが「エアマックス96 Ⅱ」で占められた。固執していると言ってもいいくらいにその姿を追い求めた。

よくよく調べると昨年末くらいにリバイバル商品として出されていたらしい。しかしながら公式ショップには既に姿はなく、あやしげなオンラインショップでは定価の1.5倍〜3倍くらいの値段で売られているだけ。さすがにそこで買う勇気はなかった。それでもInstagramで「エアマックス96 Ⅱ」を見つけると、その度に胸がはやるような気持ちに苛まれた。

入手することはできないだろうとなかば諦めていた7月某日、「エアマックス96 Ⅱ」は再び公式ショップで姿を現した。「なぜ?」「ほんとに?」胸の高鳴りを抑え、手汗のかいた指で何度もそのサイトが本物かを確かめ、5分後に購入ボタンを押した。

ここまでおおよそ半年ばかり「エアマックス96 Ⅱ」に固執させ続けたものの正体は一体なんだったのだろう。青春時代特有の「何か」を取り戻したかったのか、もしくはあの頃に踏ん切りをつけたかったのか。その理由は今でもわからないけれど、もし「こじらせ消費」という言葉があるのであれば、今回の行動は間違いなくそれに当たると言える。

さて、購入して二日後に届いた「エアマックス96 Ⅱ」だが、散々あれだけ気持ちがたかぶっていたくせに、いざ手元に届いた瞬間から徐々に気持ちが冷めている自分がいた。いや、白状すれば手に届いた瞬間にはもう飽きてすらいた。

あれだけ欲しがっていた「もの」は一体なんだったのだろう。ぼんやりと見えてしまいそうなその恐ろしい正体から目を逸らすように、ほとんど毎朝「エアマックス96 Ⅱ」を履いて散歩をしている。

固執と聞いてもうひとつ頭に浮かんだのが家で使っているカレーのスプーンだ。

どこにでも売ってそうななんて事のないスプーンなのだが、子どもの頃からずっと使っていて、結婚してもなお実家から持ってきてはずっと使い続けている。ここ数年、器好きが高じて毎月のように買い付けては毎度置く場所に頭を悩ませる中にあって、カレースプーンだけは不思議とどんなスプーンを見ても「響かない」のだ。

以前、何かの景品で「カレー用に開発されたスプーン」なるものを頂戴したことがあった。なにやらカレーのルーと具材がちょうどよく乗る深さを計算されて作られたものらしく、ものは試しと使ってみた。

しかしながらどうも僕の口にはフィットしなかった。口に運んだ時の「カレー感」が弱いのだ。カレー感というのはどんなものかを聞かれてもうまく答えることはできないのだが、とにかく言えるのは、最高の「カレー感」を堪能できるのは子どもの頃から使っているスプーンなのだ。頂戴した「カレー用スプーン」はひき出しの奥にしまわれることになった。

このスプーンについて言えば、愛着という言葉をこえて固執していると言われても否定はできない。ついでに言えば、カレーの味の好みは大人になってガラリと変わっている。にも関わらずフィットするスプーンだけは変わらないというのも不思議だ。固執だ。

同じように、偏屈なまでに固執していたものにランニングシューズがある。中学高校と陸上部でずっとMIZUNOを履いていたこともあって、大人になり、ジョギングがささやかな趣味になった時も、選んだシューズはMIZUNO一択だった。それ以外のメーカーは評判やクチコミを受け付けないほどのMIZUNO信者だった。

それが数年前からはNIKEを履いて走っている。きっかけは箱根駅伝のランナーが全員NIKEの、しかも同じシューズを履いていたことだった(さらに言えばそのシューズそのものがものすごくかっこよかった)。その光景を目の当たりにして、それまでのMIZUNOへの偏狭なくらいの愛情はなんだったのかと思うくらい、あっさりとNIKEに鞍替えしてしまった。

こんなことだから、ある日突然出会った運命的なスプーンにあっさり目移りする日もそう遠くはないのかもしれない。

何かを無性に手に入れたくなったり(手に入れた途端にすぐ飽きたり)、はたまたそれ以外を一切受け付けなくなるようなことはある。その衝動のような思い入れは、時に愛着という優しいベールに隠されることもあれば、「見る目がある」と賞賛されることだってある。

でも、欲しがることも受け付けないことも、「それ以外が見えなくなる」という意味においてはそんなに変わらない。さらに言えば、ふとしたきっかけで180度変わることだってある。それだけ、人の気持ちは移ろいやすく、留まりやすく、かたい上にもろいのだ。

何を選び何を拒むのか、その裏側で何を欲しがっているのか。わからないことの方が多いし、わかる必要もないことの方が多いけれど(いちいちひとつひとつ吟味していられない)、時に立ち止まっては、その愛着の裏に、固執の手前に、何があるのかを自身に問いかけてみるのもいいかもしれない。

日々世の中で起こる事象に対して、脊髄反射的な「イエス・ノー」「好感・嫌悪」「良い・悪い」「かっこいい・ださい」といった二極化した言葉が流れる中にあって、自身の中のささやかな「固執」の元を知ることは、大きな濁流に飲まれることを止めるひとつの方策のようにも思うのだ。

文/写真:Takapi

2021/08/04

夏季休業のお知らせ

いつもご利用頂きましてありがとうございます。

下記の期間休業致します。宜しくお願い致します。

夏季休業 8/16(月)〜20(金)