ゴールを掲げる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「君にとって、最終的に辿り着きたいゴールはなんだろう?」

最近知り合った人生の大先輩に仕事の悩みを聞いてもらったとき、僕の話を聞き終えた彼からそう問われた。

彼は続けて「君が今話してくれたことはたぶん間違ってないし、とても面白いと思う」と僕の考えに同意を示した後、「でもね」と少し間を開けてからこう言った。

「君が辿り着きたいゴールが明確になれば、それが周りの人から見たら“目印”になって、たぶん一気にコトが動き出すと思うよ」

辿り着きたいゴール?
目印になる?

僕は彼の問いにうまく答えられず、曖昧に「うーん、ゴール、あった方が良いんですかねぇ」と返事をしていた。

僕の返事に彼は小さく笑い、「ゴール、言葉にできるといいね」と言って席を立った。

事務所に戻り、打ち合わせをしている最中も彼の言葉が頭から離れなかった。

正直に言えば、目の前で「君のゴールはどこだ?」と突きつけられた時、僕の鼓動は早くなり胸が騒ぎ、少し慌てさえした。

それはおそらく「ゴール」という言葉に対するアレルギー反応に近い感情だ。

では一体何が僕の琴線に触れたのか。その正体が分からずにモヤモヤとしていた。

僕にとってのゴール、誰かにとっての目印。

30代も半ばになり、無邪気に「将来、こういう人になりたい」などとは言えなくなった。そして言わないまま過ごしていたら辿り着きたいゴールが眼前から消えていた。

その代わりに視界は前より横や後ろに向くようになった。気付けば周りの人にとってのゴールを後押しすることを自分の喜びとして感じるようになっていた。

それが心地良いし、大袈裟に言えば幸せだとも思っている。

彼の言葉に僕が慌てたのは、今のこの気持ちが「嘘だ」ということではない。

モヤモヤの正体に辿り着くために記憶を戻すことする。僕がまだ青臭くゴールを目印にして走っていた頃に。

過去を振り返り導き出された答えは、ゴールに対する怯えであり、そして、光だった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA          Processed with VSCO with u3 preset

僕は高校生の頃は陸上部で、短距離を専門種目としていた。

高校2年の夏まではいたって平凡な選手だった。

それでも秋口くらいから徐々に成績が伸びてきて、東京都のトップ選手の仲間入りができる一歩手前まできていた。

あのトップ選手の中に入りたい。
そうハッキリと思うようになった。

そして高校2年の冬、ふたつの目標を掲げた。

ひとつは100Mで10秒台を出すこと。
もうひとつは関東大会に出場すること。

陸上をやっていた人ならわかると思うが、多くの陸上選手にとって100M走で10秒台を出すというのはひとつのステータスであり、憧れの境地でもある。

関東大会というのは東京都大会で6位までに入賞した人間だけが出場できる大会であり、これも多くの陸上競技者にとってひとつの目標の場所でもある(その次には全国大会、つまりインターハイがある)。

僕はその目標を公言することにした。チームメンバー、監督に宣言した。それから「100M10秒台!関東大会出場!」とテーピングにマジックで書いて自宅の机の上に貼り付けもした。

そんな風に僕が目標を掲げたことで、周りのチームメンバーも次々と目標を口にし始めた。

目標を公言したチームメンバーは、今まで以上に練習に打ち込むようになった。不思議なのだけれど、練習に打ち込むほど彼らは活き活きと楽しそうに見えた。何より声を掛け合う機会が増えた。そしてお互いの練習を手伝ったり、アドバイスをし合うようにもなっていた。

同じチームとは言え、大会に出れるのは選抜された数名で、隣で走るメンバーは仲間でありながらライバルでもある。それにも関わらず、互いを高め合う気運が外から見てもわかった。チーム全体が確実に「強く」なっていくのを肌で感じていた。

僕にとってはそれが楽しかった。

その後の詳しい流れは省くが、結果として僕は高校3年生の初夏に、掲げた目標をふたつとも達成することができた。

もちろん嬉しかった。ただ飛び跳ねるほど喜んだかと言ったら「ノー」で、むしろ安堵の気持ちの方が強く、さらに言えば焦りに似たような感覚でもあった。

まだ速くなれるかもしれない、もっと上の世界を見てみたいと思っていた。

もっと上の世界へ。そう思った僕はただただ練習を追い込んだ。到達したい目の前の「ゴール」は掲げず、ただ「上を」の一心で遮二無二練習を繰り返し、そして、怪我をした。

そこで僕の熱は一気に冷めてしまった。そしてその数日後には引退することを決心していた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA          Processed with VSCO with u1 preset

以前勤めていた出版社では、プロデューサーとしてひとつWebメディアを立ち上げた。

ゼロからの立ち上げだ。当然ながら僕も周りもまずはどういう状態になったら「成功」と呼べるかを決めることにした。

さまざまな調査を経てたどり着いたゴールは「月間100万人が訪れるメディアに育てる」というものだった。そこまでいけば一旦成功と呼んでもいいのではないか、ということになったのだ。

そしてメンバー全員にその目標を伝え、そのゴールに向けてメンバー自身の判断で動くように指示をした。僕に対しては事後報告だけでいい、そう伝えた。

それぞれの役割があるとは言え、仕事は横の連携が多い。彼らはメンバー間で自主的に情報交換を行う会を開き、スピード感を持って企画に落としては実行に移していった。

僕がやったことといえば、外に出かけ、新しい知見や新しいつながりをメンバーに提供した程度で、彼らのアイデアや企画の後押しをしたに過ぎない。

メディア公開から足掛け3年、ようやく達成した時の気持ちは、100Mで10秒台を出したの時と同じように「安堵」だった。

ひとまずクリアした目標だけれど、思いの外「手応え」を感じられなかった。恥ずかしいのだけれどそこから欲が出てきてしまった。メンバーに向き合うことより外に出ることを優先し、「将来はこんなことをしたい」「これからのメディアはこうすべきだ」などと口角泡を飛ばして語り始めてしまった。

結果としてメンバーたちを混乱させてしまった。目指すべき指針がわからなくなってしまったのだ。さらには、僕の話に首を傾げる人に「話がわからない」と詰り傷つけてしまった。

そして、だんだんと人が離れていった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここまで振り返ってみてわかるのは、ゴールはどこまで行っても「通過点」だということだ。掲げたゴールに到達したとしても、新しいゴールが霞むように現れては僕らを惑わしてくる。

ゴールは、達成した瞬間に「次」を見失わせ、自身を追い込み、まわりを巻き込み、自分も仲間も損なうという負のスパイラルを生む魔物だ。

人生の先輩に「君にとってのゴールとは?」と問われた時のモヤモヤの正体は、そんな魔物に対する「怯え」だったのだ。

それでも。

ゴールに到達するもっと手前、時に遠のき、時に近づくゴールにひるみながらも走り続けていた「道のり」に目を凝らせば、そこには春の陽射しのようにあたたかい光が見える。

その光の中には、目標を分かち合い、共に走っている人たちと切磋琢磨しながら笑っている僕の姿が見える。

「ああ」とやっと気付いた。
ゴールは魔物ではなかった。
ゴールに翻弄された僕自身が魔物だった。

なんでこんな単純なことに気付けなかったのだろう。

今ならハッキリと言える。

僕には「ゴール」が必要だ。
もっと正確に言えば、僕が掲げたゴールを目印に「人が集まる」あたたかさが必要だ。

これから時間をかけて「ゴール」を探すことにしよう。そして探し当てることができたなら、近い人に、遠い人に話しにいこう。

その先には春のようなあたたかい光が待っているから。

文・写真/Takapi

高を括るな

OLYMPUS DIGITAL CAMERA          Processed with VSCO with u3 preset

数年ぶりにマラソンのレースに出た。といっても距離はたかだか10マイル(16キロ)程度の市民マラソンだ。

高校時代は陸上部だった(と言ってももう20年近く前の話だが)。走ること自体は苦ではないし、実際に週末はジョギングをするのが日課だった。

1年くらい前までは。

ここ最近は忙しさを理由にしてほとんど走っていなかった。そんなことだから、レース前に練習できずに本番を迎えることになった。

ぶっつけ本番である。とはいえ所詮16キロだ、ゆるりと走れば大丈夫だろうとナメてかかっていた。

甘かった。折り返しを迎えるくらいから膝に痛みを感じるようになり、残り5キロを切ったあたりから気が遠くなりかけるほど痛くなった。走り終わってからはしばらく階段の昇り降りができないくらいにまで悪化した。

「錆びついているなぁ」

帰宅後、膝にロキソニンテープを貼りながらそう呟いていた。

言うまでもないけれど、筋肉痛はその2日後に来た。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA          Processed with VSCO with u2 preset

最近はありがたいことに宴の席にお呼ばれする機会が多かった。

楽しい宴ばかりならいいのだけれど、そうはいかないのがサラリーマンのつらいところだ。

時には明らかに不愉快な宴会に当たることだってある。 正確に言えば、宴会の中で不愉快な人に当たるということだけれど。

「どうしてこの人は、人の話を最後まで聞かずに『それはこういうことだから』とわかったようなことを言えるのだろう」「一体どんな立場からこの人は、よく知りもしない人に対して『あいつはダメだ』と決めつけるようなことを言えるのだろう」

大抵僕が不愉快になる人は大抵そんな「人種」だ。

狭量になっている。それはわかっている。

僕にしたって、こうしてこの場で不愉快な人を挙げ、読んでくれた方から「そうだ」と同意の声をもらうことで溜飲を下げようとしている。そのこと自体が、今挙げた「人種」がやっていることとほとんど変わらないのだから。

ガヤガヤとした席上、悦に浸った表情で「正論」を押し付けてくる人に僕は、反論するでもなく「はぁ」と話を聞きながらその場をやり過ごしていた。

「高を括られているなぁ」

いささか飲み過ぎた帰り道の電車の中でそう思った。

言うまでもないけれど、翌日には二日酔いの頭痛とともに話の内容はほとんど忘れていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA          Processed with VSCO with u3 preset

錆びつくこと、高を括ること。

いみじくもこれらは固く結びついている。高を括れば知らぬ間に錆びつくということだ。

同じようなことは今までやってきた。
同じようなことを今まで見てきた。

こんな言葉を並べて、今目の前で起きていることから目を逸らし、自身の貧相な経験に照らし合わせて「ま。そんなものでしょう」と高を括る。それが後になって取り返しのつかない「痛み」を招くことになる。

いや、むしろ痛みがあれば良い。大抵の場合は痛みにすら気付かずに知らぬ間に動けなくなることの方が多い。現に僕は、今回走らなければ自分が錆びついていることすら気付かなかったのだ。

当たり前のことだけど、筋肉は見ているだけではつかない。落ちる一方なのだ。

「同じような」ことと片付けて今を退けている間に、「今」はどんどん未来に向かって動いていく。

同じような」ことの間にどれだけの汗が流れているか。
「同じような」ことの間にどれだけの想いが溢れているか。

どんなに「同じような」ことに見えたとしても「同じ」ことなどほとんどありえない。 いや、あえて断言しよう。絶対に、ありえない。

こんなに強く言っているのは、僕自身がそうなってしまう可能性をいつでも抱えているからだ。だからこれは、僕自身に対しての忠告でもある。

高を括るな。

痛みと引き換えに得た教訓はことさら大きかった。

そしてこのコラムを書き終えたら走りに行くことにしよう。

文・写真/Takapi

僕の占い師

OLYMPUS DIGITAL CAMERA          Processed with VSCO with u2 preset

大物政治家や有名作家など、いわゆる各界の著名人が、思い悩んだときの最後の心の拠り所として占い師に頼るという話を、年末の酒の席で聞いた。

どんなに多くの取り巻きを抱えても結局は神頼みなのかと嘲笑する声もあれば、いやむしろ自分の影響力が大きくなっていくほど人が信用できずに頼れるものがなくなるんだと同情する声も上がったが、話は終着せずに曖昧なまま途切れ、次の楽しい話題に移っていった。

そんな忘年会から10日ほど経ち、新年を迎え、毎年恒例の新年の抱負たるものを考えるために、頭の中で昨年の自分の振る舞いの「棚卸し」をしはじめたときに、先ほどの話が頭に浮かんだ。

果たして僕にとっての「占い師」は誰なのだろうと。

色んな人からのアドバイスやら忠告やらその他インターネット上に転がる無数のレコメンドの声を潜り抜けて僕にとって「決め手」となる声はどんなものか。

それを知ることがすなわち、今の自分の立ち位置を俯瞰で捉えられると思ったのだ。

しかし思い巡らせたところで浮かんできたのは中学生の頃の僕自身だった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA          Processed with VSCO with u1 preset

中学生の頃、同じ部活で3年間をともに過ごした同級生から、卒業間近になって「僕は君のおかげで変われたんだよ」という感謝の言葉をもらったことがある。

聞けば、彼は自身の引っ込み思案な性格がコンプレックスだったそうで、僕と出会い、部活を通して僕と関わるうちに「こんな風に開けっぴろげに生きたら楽しくなるのか…!」ということに気付き(今振り返るとあまり褒められてないな)、次第に性格を変え、クラスにも友達ができて…最終的にはとても楽しい中学ライフを過ごすことができた、ということだった。

その話を聞いたとき、素直に嬉しいと思う反面、少し戸惑ったことを憶えている。なぜなら僕は彼に対してさして思い入れがあるわけでもなく(申し訳ない)、ただ「楽しいは正義」という思春期にありがちなポリシーの元にした言動を振りまいていただけで、彼の引っ込み思案な性格を変えようなどと露ほども思っていなかったからだ。

とはいえこうして僕の言動が、良くも悪くも彼の人生観まで変えてしまったことは間違いない事実である。

なぜ彼が僕の言葉や行動が「決め手」になってしまったのだろう。

Processed with VSCO with u3 preset

翻って僕自身のことを振り返ると、少なからず「決め手」となる人はいるみたいだ。

たとえば友人のFさんは、僕が仕事のことで相談する度に「その話面白いね」「君はもっと可能性があるよ」といつも軽い調子で背中を押してくれる。

同じような声をかけてくれる人は他にもいる。それでも彼の言葉は不思議とスッと腹落ちしてしまう。

そんな彼のアドバイスを聞いたある日の夜、僕は半分酔った頭でとある企業のエントリーシートを書き上げた。

結果として僕は今、そのエントリーシートを提出した企業で働いている。

たとえば、前職で一緒に働いたSさんは「この本は良かったよ」「あなたにそれは似合わない」といつもふわっと教え諭してくれる。

彼女の言うことはたまに毒気はあるものの「まぁ、彼女が言うなら失敗しないんだろうな」といつも僕は簡単に頷いてしまう。

結果として僕は彼女が薦めた眼鏡屋で眼鏡を買い、こうして毎月コラムを書かせてもらっている。

Processed with VSCO with u3 preset

中学生の頃の僕と先に挙げたふたりを並べてみる。
ひとつ見える共通点は相手との距離感で、すなわちそれは「近すぎない」ということになる。

必ずしも近くにいる人が「決め手」になるということではないらしい。

たしかに、思春期の頃に親のおせっかいな言葉が鬱陶しく感じたり、逆に好きになった人や仕事で一緒になった人に強い期待をかけて相手を怯ませて損なってしまったことも「近すぎた」ことが原因だったように思う。

時に人は、「相手を理解したい」という言葉を掲げて距離を詰めてしまうことがある。しかしながら「君をわかりたい」という思いやりは、「僕をわかってよ」という強烈な欲と裏表の関係でもある。

先述したSさんの話に戻せば、一緒に働いていた当時、立場上上司であった僕は彼女に「頑張るからついてきてほしい」と勇んで伝えたことがあった。

そのときに彼女は「え。私は君についていくつもりはないよ。ただ君が楽しいと思うことは一緒にやれると思う」と答えてくれたことがあった。

僕はその言葉で救われた。
その距離が温かかった。

今さらながらそんなことに気付いた。

僕にとっての「占い師」には心地よい距離感がある。そしてどうやら僕の今年の抱負はその辺にあるようだ。

今年もみなさん、ほどよい距離感でよろしくお願いします。

文/写真:Takapi

おかげさま

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年の1月から毎月10日にアップしてきたこのコラムも早いもので今回で12回目となった。つまりは丸1年続いたことになる。最近ではこのコラムを読んでくれている方も増えてきて、さながら僕の名刺代わりになってきている感がある(本職はサラリーマンなのだけれど)。

いい区切りでもあるから過去のコラムをすべて読み返してみたのだが、11本すべてのコラムに手直ししたい気持ちになってしまった。

もちろん毎回公開するときは「これでよし」と思っている。それでも時間が経って振り返るとアラが見えてくる。言い回しがくどい、分かりづらい、悦に浸り過ぎている…など突っ込みどころが満載なのだ。

それを成長と言えるほど呑気な性格ではないけれど、この年齢になって「変化を自覚できる」ものを持てるのはなんだか嬉しい。

ある程度社会人生活が長くなると、蓄積された経験の中から答えを拾い上げることが増えてくるし、周りからも求められるようになってくる。それはそれでやりがいはあるのだけれど、自分の通ってきた道の中に答えがない、というのはやはりワクワクするし楽しいもの。

なるほど、「道楽」とはこういうことを言うのかもしれない。先人たちはうまいことを言うものだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA          Processed with VSCO with u3 preset

今年は新しくできた同年代の友人との交流が盛んだったような気がする(いつもありがとう)。

好むと好まざるに関わらず、いろんな関係性の人が増えてきて、好き嫌いとか、良い悪いとか、そんなシンプルな判断だけで生きられない年齢になった。あちらを立てればこちらが立たず、忖度を鎧にして振る舞う毎日で、気の置けない同年代の友人ができたことはとても嬉しい。

友人の中には、いろいろと手を出してみて「俺にはこれしかないんだ」と開き直り始める人もいれば、反対に「まだまだやれる可能性があるじゃん」と欲張り始めている人もいる(言葉にすると面倒くさい人たちだな)。

それでも彼らは「人にケチをつけている暇は一生訪れそうにない」という生き方をしている点で共通している。

誰か(何か)が自分を幸せにしてくれる、などという考えはとうに持ち合わせていない年齢になったつもりだ。それでも時折、「なぜ僕だけが」と舌打ちをしたくなるような気分のときもある。そういうときに必要なのは、励ましでも慰めでもなくて、自分で自分を「納得」させることなのだと思う。

納得させるめに必要なことは、上にあげた友人たちの所作にある。
そんなことに気付かせてくれた友人たちは本当にありがたい存在であり、しばらく僕の指針になりそうだ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA          Processed with VSCO with u3 preset

先日、岐阜にある古民家を改装して、ひとりでゲストハウスを始めた知り合いの女性を訪れた。

築100年の物件の良さを残しながらも、現在にもフィットするように工夫された内装、そして現地で採れた野菜を中心とした美味しい夕飯、物音ひとつしない夜の静寂、夜空に瞬く満点の星。とにかくそこで過ごす時間はとても素晴らしく「長期滞在したい」と思ったほどだった。

夕飯を食べ終え岐阜の日本酒(岐阜の名酒「天領」)を飲みながら「すごいなぁ」と呟いた僕に、彼女はふっと小さく笑って「おかげさまでね」と言った。

僕はその言葉を聞いた瞬間に「自立」という言葉が頭に浮かんでいた。

ひとりでビジネスを始めた、という事実に対して浮かんだ言葉ではなかった。

誰かから差し出された手をありがたいと思うこと、もっとうまくやれたかもしれないという小さな後悔を抱えていること、そんないろんな感情をすべてしまいこんで「おかげさま」と言って納得してそこに立っていること。それができてはじめて「自立」なんだろうな、と思った。

納得するということは自立のスタートラインなんだ、と思ったら先ほどの友人たちの顔も浮かんだ。

そうか、彼らも自立している人たちなんだな、と思った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA          Processed with VSCO with u3 preset

今年もたくさんの人に助けられた1年だった。誰かに助けてもらったこと、声をかけてもらったこと、そんな大小を頭の中に並べ、関わってくれたひとりひとりに「おかげさま」と、この場を借りて言わせてほしい。

今年関わってくれた人、ありがとう。
このコラムを読んでくれた人、ありがとう。
みなさんのおかげで僕はこうして楽しい日々を納得して過ごせています。

来年はどんな1年になるんだろう。
きっとまた、誰かに頼って生きていくのだと思います。それだけは、変わり続ける自分の変わらない部分としてハッキリとわかっている。

来年もどうぞよろしくお願いします。
それでは良いお年を。

文/写真:Takapi

後味

OLYMPUS DIGITAL CAMERA          Processed with VSCO with u3 preset

先日、友人の会社が主催するパーティに招待されたときのことだ。

パーティ開始時間ギリギリに会場に入った僕は、受付にいる女性に名前を告げ、当日の案内のチラシを受け取った。「ごゆっくりお過ごしください」「ありがとうございます」と型通りの挨拶を交わしたとき、受付の女性と小さく目が合った。

色のついた細い縁のメガネをかけた少し猫背気味の雰囲気に既視感を覚えた。どこかで会ったことがあるような気がするのだが思い出せない。数秒の逡巡の後、後ろに並んでいた人に押されるような形で僕はパーティ会場に入ることになった。

会場に入ればすぐに知り合い数人に声をかけられ談笑が始まり、受付で感じた既視感は会場の喧騒とともにあっけなく消え去っていった。

パーティが終わり、ほろ酔いで帰宅する電車の中でふと、先ほどの受付の女性の顔が浮かんだ。その拍子に彼女と僕が机を挟んで対面しているシーンがフラッシュバックした。

そこは以前僕が働いていた出版社の会議室だった。その会議室で僕は彼女を詰っていた。「なぜこの程度のクオリティしか出せないのですか?プロとしての自覚はありますか?」と。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA          Processed with VSCO with u3 preset

彼女は友人から紹介された企画会社の方で、僕はとある企画を彼女にオーダーしたものの、提案されたものに満足が出来ず、彼女に対してそんな言葉を吐いたのだ。

もう5年以上も前の話だ。若さ故という言い訳もできなくはない。任された大きなプロジェクトに勇み足になり、躍起になっていたのだろう。

とはいえ、僕が彼女に吐いた言葉は配慮に欠けていたことは紛れもない事実であり、結果として彼女を損なってしまった。その後彼女とは連絡が遠のき、二度と仕事をすることはなかった。

なんとも後味の悪い結果になってしまった。

その会議室のシーンがフラッシュバックされた時、「彼女の方は憶えていたのだろうか、忘れてくれていたらいいな」と僕は反射的に思っていた。そしてそんなことを思った自分に愕然とした。

5年経ってもなお、過去から目を逸らそうとするのか。そんな自分の弱さに呆れ恥ずかしくなった。

電車の中でずっと、胃の上あたりをギュッと掴まれるような苦しさを感じ続けていた。電車を降りる時、つり革を掴んでいた手は汗でぐっしょりと濡れていた。

ひょっとしたら僕たちは、誰かを詰り損なってしまった記憶を、嬉しかった記憶と同じかそれ以上にずっと身体の中にしまい込んでいるのかもしれない。

そしてふとした時にその記憶は顔を出し、僕らを試すように問いかけてくる。お前はあの頃から変われたのか?変わろうとしたのか?と。

過去にしたことは覆らない。そうなのであれば僕らにかろうじてできることは、こうした記憶が眼前に現れる度に、逸らさずに過去と対峙し、今を再検分し、「これから」の行いで返していくことくらいなのだろう。

虫のいい話だ。それで過去が帳消しになるわけではない。でも、そうでなければ寂し過ぎる。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA          Processed with VSCO with u3 preset

「久々に会いませんか?」という連絡を最近よくいただく。

新しい一歩を踏み出すことになった報告のためだったり、「話が合うと思うので」と新しい出会いを提供してくれるためだったり、理由はさまざまだけど、そんな風に誘ってもらえることは単純に嬉しい。「ぜひに」という気持ちになる。

ところで「また会いたい」と「もう会わないんだろうな」の間にはどんな隔たりがあるのだろう。僕自身も「また会いたい」と思う人はたくさんいる(自分から「会いましょう」と言うことができないのが悩みだが)。

出会ってきた人の顔を並べて結論らしいものを掲げるのであれば、ふたつを隔てるものは「別れ際の後味」にある。

会話の端々や雰囲気の中にうやむやとすることがなく、スッキリと前向きな気持ちのまま別れた人とはまた会いたいと思うようだ。

不思議なのは、そんな人たちに改めてお会いする時は、嬉しいと思うと同時に少し背筋が伸びるような心地いい緊張感がある。その緊張感があるから前向きになるのか、うやむやとしない話をするから緊張感が伴うのか、そのあたりはわからないけれど、僕に限って言えばそうなのだ。

これからも“後味のいい人”と会っていきたいと思うし、できれば僕もそういう人でありたいと願っている(嘲笑が聞こえる)。

師走が近づき、これから忘年会が増えてくる。
久々に会える人との再会を楽しみにしながら、会えたなら緊張を解かず、記憶を失くさず(これは期待できない)、後味よく1年と別れ、「幸先のいい」1年を迎えられるようにしたい。

それが僕にとって「これから」できる唯一の行いだから。

文/写真:Takapi